まさお!

まいにちを ざつに いきる つれづれなるままに つづる ぶろぐ 

露か伊か

荒野の狼を相変わらずの遅さで読みつつ、今、イタリア語をやるかロシア語をやるか、真剣に悩んでいる。

悩みながら、両方に手を出している。

なぜこのようなことになっているのか?

前の記事にあるとおり、ロシア語は僅かながら学習経験があるため、既に学習書は持っている。

そしてイタリア語も興味を持った時期があり、学習書のみならず辞書まで持っている。

ラテン語もぼちぼちやりたい頃だし、頭のキャパ的にもどっちかに絞りたいんだけど、どちらもかなり魅力的な言語なので未だ絞れずにいる。

旅行行くならイタリアだし!でも個人的に交流してみたいのはロシア人だし。

音楽はどちらも好きだ。

しかしラテン語やってるしスペイン語もかじった事があるので、このままロマンス諸語を攻めるのもかなり興味深い。

だがドストエフスキーが好きなのでロシア語頑張りたい気もある。

語学好きならロシア語をやることでロマンス・ゲルマン・スラヴと欧州系印欧語網羅に一歩近付けるんじゃないか???

難易度を考慮すればイタリア語のほうが楽だな、多言語同時学習を行うなら尚更。

 

あー、困ったな!困ったなーーー!!