まさお!

まいにちを ざつに いきる つれづれなるままに つづる ぶろぐ 

noctes atticae

ラテン語練習問題集を終え、満を持してアウルス・ゲッリウスの『アッティカの夜』の読解に取り掛かったが・・・

 

ラテン語練習問題集

ラテン語練習問題集

 

  

praefatio(著者前書き的なの)でオレタ\(^o^)/

英訳読んでも何が何でそうなるのか良く分からん\(^o^)/

コヘレトの言葉がちょっと読めたんでいけると思ったんだが、

だめだコリャ\(^o^)/

某新書で初級文法終えた人にピッタリ☆って書いてあったのに・・・/(^o^)\ナンテコッタイ

 

 

でも内容自体は面白そうなんで、前書きはこの際すっ飛ばして本編に入ってみました!

 

LIBERⅠの初っ端は、プルタルコス曰くピュタゴラスは人間界にいるときのヘラクレスの体格について何とかかんとか記述してるっていう話らしい。

あれ?小職いちおう読めてない?

自信がわいてきたぞ!

英訳と照合して、より精確に読解できたら再度記事にするかもしれません。

 

次の話は長い上にギリシア語が挿入されているので、すっ飛ばすと思います。