まさお!

まいにちを ざつに いきる つれづれなるままに つづる ぶろぐ 

アイスランド その5くらい?

帰国してから2ヶ月経つのにブログ内では未だ現地に到着してすらいないという…(^。^)

 
 

f:id:rotten-masao:20141020200538j:plain

 
でまぁアイスランドエアーにてレイキャヴィクへ向けて飛び立ったわけだ。
 
 
f:id:rotten-masao:20141020182914j:plain
アイスランドエアーの機内の座席背後はめ込み装置(正式名称なんて言うの?)が今まで見たなかで1番ハイテクで、あいぽんのUSBを差せるようになってたり色々できたようだが、くたびれて弄る気力が無かったのでよく覚えてないです…。
当然狭かったが小型機特有のチャチさはありませんでした。
 
ケフラヴィーク空港へは30分程度早く到着しました。
荷物受け取るところのすぐ側で見た目スーパー的な免税店がありましたが、くたびれて物色する気(以下略)どんなもんかはわかんないです…。
 
とりあえず喉乾いたので空港出口付近の売店で500mlのペットボトルの水買ったら200円位して、さすがやんと思った。
でもって店員さんがタトゥー入りのパンキッシュおねえさんだった。レシート要るかわざわざ訊いてくれてなんか知らんがホスピタリティー感じた。
レシートは支出把握の為に大切ですよ!
 
旅の支出はクレジットカード払いをメインにするものの、キャッシュゼロはさすがに不安なので、空港で両替することにしました。
出口近くにアイスランドの銀行landsbankinnの両替窓口があり、ここでおねえさんに日本円からアイスランドクローナへ両替してもらいました。
レイキャヴィクへは20時過ぎに着いたんですが、両替窓口はちゃんと夜間も開いているので安心だね♪ ↓

http://www.landsbankinn.com/personal/services/keflavik-airport-foreign-exchange/

この頃は1アイスランドクローネ(ISK)=0.9円くらいでした。

 

両替を終えて空港を出ると目の前にバスターミナルがあり、シャトルバスのチケットもすぐ傍で買えます。私は事前にネットで購入しましたが現地購入でぜんぜん大丈夫っぽいですね。

バスターミナルの様子といえば、海外にありがち?な怪しいタクシーというかタクシーそのものを見た記憶がないし、というか旅行者とバスの運ちゃん数人以外に人を目にしなかった覚えがある。夜だからか?関係ないか。。。

 

そしてあたりに広がるのは一面の荒野であった。

 

次回シャトルバスにてレイキャヴィク市内のホテルへ向かう。